中性脂肪の減らし方

中性脂肪と聞くと、あまり良いイメージは持たないのではないでしょうか?しかし、実際には中性脂肪は人間にとって必要不可欠な存在です。ただ、必要以上に増えたときが問題なのです。なぜなら重大な病気を引き起こす動脈硬化に繋がりやすくなるからです。
余分な中性脂肪を取り除くためには、どのような方法が有効でしょうか?
中性脂肪を増やしているのが毎日の食生活ですから、そこから改善しなくてはなりません。中性脂肪の多い食材は避け、適度な摂取量を心掛けましょう。一日に必要な摂取カロリーは年齢や性別、体型などによって異なりますが、ついつい食べ過ぎてしまうという方は中性脂肪が高くなりがちです。摂取したカロリーが消費できないと、そのまま脂肪として蓄積していくことになります。皮下脂肪だけでなく内臓にも溜まり、体を不健康な状態にしていきます。脂っこい食事や高カロリーの食材を好む方は、偏った食事を改善させる必要があります。野菜の摂取量を増やしたり、炭水化物を減らすなどの工夫をしましょう。また、甘いものやアルコールも過剰に摂取すると中性脂肪を増やしますから注意しましょう。
現代人は食事の時間が不規則になっている方が多いと思います。しかし、1日3食決まった時間に摂取することが、健康な体を作るためにも大切です。特に深夜に食事を摂ると中性脂肪が増える確率も高くなりますから気を付けなくてはなりません。
溜まった中性脂肪を減らすためには、運動不足の解消も大切です。特に酸素を取り入れながら運動するジョギングやウォーキングなどの有酸素運動が有効です。中性脂肪は有酸素運動によって脂肪酸となり、エネルギーとして使われます。